三陸ラビリンス気仙沼(弁護士東忠宏)

気仙沼の弁護士東が,弁護士活動において考えたことなどを書いています。毎週日曜日に更新記事をアップするのを、目標とします。

記録閲覧や共同受任などなど

1年少し空いての投稿です。

 

1 この1年余の間に,たまたまですが,

① 私が,東北で交通事故事件(被害者側)の第一人者と思っている方との共同受任,

② 過労死事案で相当の経験をお持ちの方との共同受任,

③ 私が法人の破産申立側ー管財人が全国でも有数のレベルの方,

という僥倖に巡り合わせました。

 

2 「施行令二条二項にいう「同一の部位」とは、損害として一体的に評価されるべき身体の類型的な部位をいうと解すべきであるところ、本件既存障害と本件症状は、損害として一体的に評価されるべき身体の類型的な部位に当たるとは認められないから、「同一の部位」であるとはいえない」で有名な,東京高裁平成28年1月20日判決・判例時報2292号58頁につき記録閲覧のため,原審のさいたま地裁に行ってきました。

(「弁護士13人が,,,」https://www.amazon.co.jp/dp/B07N7SF3JB/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1で書いたとおり,私は記録閲覧による勉強に凝っています。)

(仙台本庁では,それこそ手当たり次第ですが,遠隔地となると調べてから行きますので,メジャーどころでは①「訴訟の心得」の中村直人弁護士のお名前を見つけて,ジェイコム株大量発注事件の記録を読んだり〔民法商法学者がオールスターで意見書を出していた。〕,②荒井哲朗×高野隆に惹かれて最高裁平成28年9月1日公刊物未裁を読んだり〔この事件は,荒井先生の取り組みが分かる,訴訟係属時から後の最高裁への伏線が張られた小説というレベルの事件記録でした。〕)

 

3 さて,それらを踏まえての感想などを,及ばずながら書き付けておきたいと思います。

⑴ 1①の訴状や続く医学分析は,率直にいって,私の発想・レベルを遙かに凌駕していました(その先生も,当該事案はSクラス=最高難度だと言われていた。)が,責任論や損害論では私も相当に注力させていただき,結果,私が一人で受任していた時分では,到底考えられないような成果が出て(裁判官の巡り合わせもよかった。),依頼者にも大変喜んでいただけました。

⑵ では,1②・③・2なども,やはり全く思ってもみなかったような分析が展開されたり,書証が提出されているのかーというと,そうではない。

これは,不遜な意味で言っているのではありません。

そこにあるのは,一つ一つは,まあ,普段の実務で見る範疇の書面だったり,証拠が殆ど大半を占める。

正直,書面も無骨で,項立てがない文章が続いたりとか,読みやすさへの十分な配慮とまで行っていないものもある(ただし,冗長とかはないです。)

ただ,何かが違い,そこが,例えば2などは裁判所を説得し,自賠責実務の変化すらもたらしている。

その「何か」を知りたいですよね?

それは言語化できるような,チェックポイントなどで定型化できるようなこと(するとしたら,お題目的になってしまうだろう。)ではなく,体得するしかないようなものなのですが,私はこんなことばかり考えているので,薄々イメージは付いてきたと思っています(続く)。

 

 

平成30年の取組など

夏休み明けくらいから,なかなか忙しい日々が続いています。

たまに朝8時30分から夜7時まで,30分~1時間刻みで打ち合わせ10件超とか。

そこに刑事の新件が来たり(私は利益相反がない限り、公的関係は何でも受けるのが信条。勾留前の当番弁護で、被疑者援助を申請しないことはほぼない。)。

まあでも,それくらい忙しい方が,私はペースを発揮しやすいです。

たまーに不意に暇が続くときがあるのですが,かえってペースが掴めず,仕事がはかどらない。

 

さて,今年最初で最後の投稿ということで,今年の振り返りを。

 

第1 論考を世に出せた。

地方の支部弁護士としては望外のことで、おそらくこんな年は二度とないでしょうから、記念に書いておきます。

1 「自由と正義 2018年Vol.69 No.1〔1月号〕」において,座談会「研修の達人に訊く」~これであなたも免許皆伝!日弁連研修 驚愕の活用法~

に「研修の達人」なる紹介で登場できました。

日弁連eラーニングを視聴するのが「趣味」で,外国関係以外はほぼ全部視聴している特異な会員だということで,取り上げてもらえたようです。

平成27年5月に,荒井哲朗「諦めない債権回収」を視聴して感激し,こんな役に立つものを,なぜ今まで放置していたのかと大後悔。

最初の年度内に200くらい聞いていたと思います。

今も,(当該記事とは異なり)週に3日,早朝出勤する日を決めて,その際に聞くようにしています。

2 「日弁連研修叢書 現代法律実務の諸問題<平成29年度研修版> 」において,「地方弁護士の捜査弁護の実情―勾留に対する準抗告を中心に―」

まあ,今振り返っても,私は刑事弁護畑ではないので気恥ずかしいのですが。

Amazon CAPTCHA

日弁連研修叢書 現代法律実務の諸問題<平成29年度研修版> / 第一法規ストア

3 「個人再生の実務Q&A120問 (全倒ネット実務Q&Aシリーズ)」において,「Q57 第三者が出捐した債務者名義の保険・預金の評価方法」

これは,先輩方の指導を受けながら。

いい勉強になり,一流の本の作成過程に触れられました。

そして,この手の本は,大量の素材を集めた上で,バッサバッサと切り捨てて要約するものです。具体的問題に当たったら,原典に当たらなければなりません。

調査のとっかかりに過ぎない。

Amazon CAPTCHA

きんざいストア

4 「弁護士13人が伝えたいことー32例の失敗と成功」

ボスの弁護士登録50年の集まりをしようと呼びかけたら,こんなことになりました。

序文で感激,今月に登録50年のお祝い兼出版パーティーで,大阪弾丸ツアーを敢行しました。

Amazon CAPTCHA

弁護士13人が伝えたいこと|日本加除出版

 

第2 研修の講師もした。

いずれも仙台弁護士会で,

1 3月「裁判員裁判手続に関する基礎研修『被疑者弁護人としての諸活動』」

2 6月「個人再生事件処理に関する研修会」

一人が,刑事と民事の講師をするなんて,地方ならではですが。

弁護士向けの講演は,準備がムチャクチャ大変でプレッシャーもあります。

体系的に整理する絶好の機会で,本当に勉強になりますが。

これのお陰か,今年は例年になく,たしか5,6件の個人再生を受け,かつ,それらは(非住宅ローンで)担保競売停止とか,アンダーローン事案とか,ローン支払い中の車の維持とか,手のかかるものばかりでした。

 

第3 事務所の体制を大きく変えた。

1 私のPC環境の更新

PCを更新し,合わせてモニタを5台!としました。

①文書作成,②証拠説明書作成,③判例検索,④書証(PDF)閲覧,⑤ネット・SNSが同時にできて,大変快適です。

 Google Maps: Report Inappropriate Image のモノクロの写真のやつです。

2 事務所LINEアカウントによる依頼者とのLINE・1:1トークモードの運用

大変便利!

これで,大幅に依頼者とのコミュニケーションが進むようになった。

細かいタイミングでの報告もできるようになり,好評です。

3 事務処理

証拠説明書を「三段組み」とするようにしました。

成果は追ってご報告します。

一太郎も更新して,だいぶビジュアル面を意識した書面を作成できるようになったと思います(表やPDFの盛り込みが,更に増えた。)。

あと,多分今年から,不明・要再考の箇所に●を付すようになり,見直しが大分楽になったと思います(それまでは,※とか空白だったが,●は目に付きやすい)。

4 書籍・雑誌のPDF化

これも,ようやく取り組みました。

ただ,省スペース以上の活用にはまだ至っていないかも。

PDFへの書き込みは,便利で大分使えるようになってきました。

PDF化する前に、本・雑誌をざっとでも読むようになったのは大きいかも。

5 高裁記録閲覧!

ついに,前々から思っていた,(受任していない事件につき)高裁記録を適宜閲覧して勉強する,ということを始めました。

想定以上に勉強になります。もっと早く始めればよかった。

(この、他人の記録に注目する、というところは、先の「弁護士13人・・・」本でも言及しています。)

「紛争解決の失敗学」としても,各弁護士の取組を見るとしても,あるいは判例雑誌には掲載されない,本当の裁判実務の実情を知るという点でも,大変勉強になります。

これを始めたから,証拠説明書三段組みとか,準備書面の読みやすさとかに取り組めたし(調停員としての経験も大きい。),あるいは難しい事件でも粘り強く交渉を,ということになったと思います。

(弁護士が,手元の書類作成で満足するのは下の下。相手・関係者とコンタクトを取り,紛争処理を目指さなければ,裁判でも成功はないことをつくづく思い知らされる。)

来年から,東京高裁に出張しての勉強もすることにしました。

 

と,長々書き,このように整理してみると,なるほど,今年(=41歳。弁護士16年目に突入)は自分なりの取組に拍車がかかった年だと思います。

最近、ようやく、今更ながら、「争点整理」とか「立証構造」の意味が、この世界に入って短くないはずなのに、やっと腑に落ちてきた気がするのです(って、ひどいね。)。

 

でも,何が変わったって,やっぱり●●●が変わるだけで,これだけ裁判実務は変わるのか!と驚いたし,それが一番かも。

平成29年について

今年も残すところ,今日を含めて2日となりました。

 

私にとって,今年の重大事といえば,夏期特別研修の講師のため,ともかく準備を頑張ったことです。

この準備の過程で,刑事事件に限らず,およそ弁護士業務はこう取り組めばいいのではないかな,というヒントを沢山得ました。

業務の進め方の変革となり,最初は身に余る大役だと尻込みしましたが,やってよかったと思っています。

(「現代法律実務の諸問題」掲載のため,新年から原稿のチェックに入らなければなりません。)

 

くどいようですが,事件進行については,この1年で,だいぶ考え方が変わりました。

この成果が来年以降でると,いいなーと思っています。

 

個人的なこととしては,家族が家族でいられる時間は実に短いと自覚し,子供らとなおよく遊ぶようになったこと,ダイエットで標準体重となったのもつかの間,やや+アルファでなんとか維持・堪え忍んでいる状況です。

でも,食生活の在り方が大いに改善されたことは良かったと思っています。

 

ついに40歳,同期達のまぶしい活躍を見るにつけ,この10年の過ごし方でだいぶ差が付いてしまったと思ったりもしますが,いえいえ,私もこの10年をそれなりに過ごしましたし,ここからも頑張りますよ。

 

「汽車ポッポ判事の鉄道と戦争」のことなど

ゆたかはじめ著の標題の書籍を読了。

筆者は,東京高裁長官を平成初期に定年退官された方。

 

驚いたのが,昭和37年に秋田駅の一日駅長をされたとのことだが,その際,出発の指示,お客さんへの対応,信号の操作,詰め所から駅弁屋まで廻るなど,本当に「駅長」の仕事を一日していること。

もちろん,当時も現職の判事だった。

 

実は,私も気仙沼線が,私の誕生日と同じ昭和52年12月11日に全線開通したという奇縁で,平成19年の30周年の際(=私も30歳だった),気仙沼駅の一日駅長を勤めたことがあるのだけれど,制服を着て本物の駅長と電車を1本見送る程度のことで,あっという間にお役御免となったのだった。

 

ともあれ,標題の著書は,大変趣味のよい判事の人生が,素敵に描かれていた。

(一方,裁判官らしく,真実発見ということを,いかに被告人らに騙されないか・嘘を見抜くかということと捉える記述が散見され,残念に思ったり,彼らはそう考えているのだよなと再確認させられたり)

 

今,大竹たかし「裁判官の書架」を少しずつ読んでいる。

まだ序盤だけれど,もう何と言うか,昭和の正しいリベラルおじさん像がひしひしと伝わってくる。

思えば,私が子どもの頃,こうしたものの考え方こそスタンダードだったのに,と思わされたり,それがこうして残っている司法にまだ希望を持ったり。

 

そのような司法が残っている,と私に思わせたのは,もちろん,そのようなことが書かれた当該書籍を読んだからだけれど(正直言って,法律実務をしていて,高裁の部総括クラスが,どのような思想・背景をもっているかなんて,なかなか伝わってこない。),そのことについて,更にしつこく考えた。

 

すなわち,戦前の社会の様子を描いた随筆などを読みつけていると,どうしても,旧制高校・帝大を卒業した人の観点から,かつての社会を俯瞰することになってしまいがちである。

彼らが,今も流通市場に乗る多数の随筆などを残し,庶民は(そのような市場流通性,例えば文庫化されるような)文字を殆ど残せなかったからである。

 

その点で,東京高裁部総括(また長官)を務めた方々の本を読んで,裁判官の良識に心打たれたり,司法に希望を持つのもいいけれど,もっと目立たない,けれども庶民のために尽力したり,あるいは生活者としての法曹の姿を捉えたり,その前提として何かに残す意義はあるのだろう。

(そう思うと野島梨恵先生「私の愛すべき依頼者たち」はよかった。)

 

ここまで考えていたところ,そうすると各単位会に残っているだろう歴代の会報,それに掲載されている職務や生活の模様を織込んだ投稿,あれをなんとかピックアップしたものを面白く整理できたら,,,と思わずにいられない。

 

 

 

ニューオーリンズ滞在のことなど

8月10日に羽田空港を発ち,15日に帰ってくるまで,アメリカはルイジアナ州ニューオーリンズの義兄宅に滞在していました。

海外旅行はたまに行くのですが(今回は二年ぶり。前回はイタリアのミラノ),アメリカ本土に行くのは,この歳にして初めてでした。

まあ,私は現地に4泊しただけで(私以外の家族は,先行して早くから行っていた。),観光も大してするでなく(①ボウ・フィッシングという弓矢による漁とか,②拳銃やマシンガンを撃ったりとか,③フレンチ・クオーター巡りとか),

それ以外を過ごした義兄宅は,いわゆるゲーティッド・コミュニティ内にあるので,快適であり,まあそういうアメリカの一実情に考えさせられました。

まあ,私など,家にあるプールで騒いだり,大量の漫画を読んでいただけかも知れませんが。

 

堤未果「貧困大国アメリカ」をかつて読んで,私などへそ曲がりですから,『メジャーリーグの球場や,フットボール場にいる無数の観客は,あれは消滅したという中産階級ではないのか』と突っ込みを持っていたものの,義兄の解説によれば,あの大勢の観客らも,相応の収入に恵まれた階層だということで,アメリカのボリュームに驚き呆れたり。

食事は例によってボリュームふんだんなのですが,とても食べきれるものではなく(持ち帰るパックがよく普及している),また肉だけの一日一食とかなので,かえって痩せて帰って来られました。

 

高野隆「憲法的刑事弁護」の中で,ある刑事弁護で罪に問われた被告人について,初めて行く海外旅行の高揚感を記述した下りがあって,ちょっともう,そういう率直な感性は薄れつつあって,そりゃ自宅と事務所を往復していた方が,安定していて楽でいいのですが,

そのような狭い日常の世界の一方で,かくも広大な世界が同時に併存していることを思い知らされ,

なにより有り難いことに,成功者である義兄から,職種は違えど私の今・将来について考えていることについて,様々な示唆や直接的なアドバイスがもらえたと思います。

 

帰りは,日付けが帰ることを失念していて,東京から戻る新幹線の取り直しとか,東京で泊まるホテルなどでてんやわんやとなってしまいました。

ともあれ,子供らにとって,忘れられない少年(少女)期の思い出になったのではないでしょうか。フロリダにも連れて行ってもらったとのことですし。

さらば過払い

ふと気付いたら,先日,任意交渉で和解した,某社に対する過払金請求が手持ちの最後のものだったらしい。

もちろん,これからも受任する可能性はあるけれど,ともかく,過払い請求を全く抱えない状態というのは,恐らく事務所開設直後以来,すなわち10年ぶりであろう。

 

私はこの問題は,大阪時代,いや修習生時代から見ていて,また関わっていて,それこそ請求の本格化・一般化前から砂かぶり(というか直接だろうね)で栄枯盛衰を見てきたので,何やら感慨深い。

 

東北弁護士連合会の夏期研修で捜査弁護について講演をします

正式には「平成29年度東北地区夏期特別研修」だそうでして,その二日目・8月26日@仙台国際ホテル,10:00~です。

 

いやはや,まさか(経験も浅く,大した成果も挙げたことがない)私が刑事弁護について,弁護士の方々を相手に講演をするなんて,自分でも無茶苦茶な事態だとは分かっているのですが,この種のことって,頼まれるともう返事をするまで逃してくれないので,覚悟を決めました。

で,どうせならと思って,一生懸命準備しています。

 

他の方は知りませんが,私は各種講演をするとき,もちろん資料も集めますが,準備でやってみて面白いのが,インタビューをして廻って実際の取組み例とかの情報を集めることです。まあ,人のふんどしという気もしますが,なかなか勉強になります。

 

私も今回,若手ー中堅の方々を中心に聞いて廻る中で,民事・刑事を問わず,ああこう取り組んだらいいんだろうな,,,というのが見えてきて,おかげで仕事にだいぶプラスになったように思います。その分,講演にはかなり労力を投入していて,プレッシャーもあってフラフラですが。

 

なお,講演の内容は原則,あの「現代法律実務の諸問題」に掲載されるので,参加できない方の目に触れることがあるかも知れません。